以下は、長岡参が愛媛県大洲市に2014年の9ヶ月間通い、のべ1040人以上を撮影した記録である。

 

肱川音頭 by 大洲HONKI プロジェクト from Mile Nagaoka on Vimeo.

H 肱川音頭:昭和42年に町のPR歌として一般公募を行い、翌年の八月にでき上がり、同8月7日には大洲高等学校肱川分校校庭において発表会が開催されました。当初の肱川音頭はレコードで制作されましたが、平成2年にカセットテープにより再販しました。作詞は上田武徳氏、作詞補作を横井弘氏、作曲は中野忠治氏、編曲を上野正雄氏が行っており、歌手の三橋美智也氏、下谷二三子氏が歌っています。振付:三喜 八千代氏

 

大洲音頭 by 大洲HONKI プロジェクト from Mile Nagaoka on Vimeo.

O 大洲音頭:大洲市は古くから伊予の小京都として知られていますが、その豊かな情緒を唄に託して多いに踊り歌って頂きたい念願から、歌詞を公募し、土居建蔵氏の作品を採用しました。大洲市出身の作曲家中野忠晴氏のご尽力と矢野亮氏の作詩補作を頂き、大洲市の観光を端的に表現した「大洲音頭」を作ることができました。編曲は上野正雄氏が行い、歌手の三橋美智也氏、下谷二三子氏が歌っています。振付:三喜 八千代氏

 

長浜音頭 by 大洲HONKI プロジェクト from Mile Nagaoka on Vimeo.

N 長浜音頭:昭和10年に国鉄開通、長浜大橋開通を記念して初代の長浜音頭が作られましたが、昭和53年3月31日に新たな長浜音頭が作られ、翌月の4月20日に発表会が開催されました。新しい長浜音頭の作詞は佐川恭子氏、作詩補作は丘灯至夫氏、作曲・編曲は和田香苗氏が行っており、歌手の都はるみ氏が歌っています。
振付:紅梅 扇寿朗氏

 

河辺音頭 by 大洲HONKI プロジェクト from Mile Nagaoka on Vimeo.

K 河辺音頭:昭和59年、河辺村の発展と郷土愛を育て、広く村民に愛唱される村の歌を制定するため、一般から音頭調の歌詞を募集しました。応募総数26点、応募者数24名の作品の中から、戸田薫明氏の作品に決定し、作曲・編曲を桜田誠一氏が行い、歌手の大塚文雄氏が歌っています。昭和60年8月14日、「かわべふるさと祭り」において、盛大に発表され、村おこしのシンボルとして好評でした。
振付:宮川 和扇氏

 

大洲HONKI PROJECTとは:
「4つの地域が合併して、一つの「大洲市」になった、市町村合併10周年を記念して、一年間をかけて愛媛県大洲市に昔から残る「肱川音頭」「大洲音頭」「長浜音頭」「河辺音頭」の四つの音頭を美しい映像で撮りました。それぞれの頭文字にI=愛をつけて、HONKIという名前が生まれました。市長さんから幼稚園児、おじいちゃんもおばあちゃんも、総勢1,040人の大洲市民が、大洲が誇る素晴らしい名所で音頭を踊っています。どなたでもご覧いただけます。ご一緒に大洲の名所と大洲人の笑顔巡りをいたしましょう。きっと、音楽を聴くだけで身体が勝手に踊ってしまう方々がいらっしゃることでしょう。 きっと、想い出の場所や人と出会えることでしょう。きっと、今回初めて大洲を知った方々も、思いを馳せてくださるでしょう。大洲を想う全ての方に捧げます。」
[問合せ]HONKIプロジェクト(帽子)090-8283-8765 大洲市役所都市整備課 樽井(直通0893-24-1719)勤務時間

*大洲市(おおずし)は、愛媛県の南予地方に位置する市。「伊予の小京都」と呼ばれる。肱川の流域にある大洲城を中心に発展した旧城下町である。2005年1月11日 – 喜多郡長浜町・肱川町・河辺村と合併して新
しい大洲市となり、現市域となる。

honki-ozu.com

 

 

 

26 1月 ’15 Client Works

CLOTH by ホマレノイエ from Mile Nagaoka on Vimeo.

 

ホマレノイエのラグジュアリーブランド「CLOTH」。
素材からはじまり快適性や意匠性全てにおいて
クオリティーの高いワンランク上の住宅。
cloth.jpn.com

前回のTableに引き続き、長岡がブランドネーミングを担当。

CAST:

塩野目由紀子
杉浦史典

衣裳・小道具:
SLOW&STEADY 岡﨑昌弘、楠本恭子
スチール:金苗健太

撮影/編集 長岡参(長岡活動寫眞)
Filmed and Edited by Mile Nagoaka

26 9月 ’14 Client Works

piano : Harumi Nomoto / fretless bass :  Ryoji Orihara / drums : Sohnosuke Imaizumi

Action Paint : Keiichiro Furukado / Camera assistant : Taigo Kawaguchi (NMP) / Special Thanks : Plat Ease

Camera & directer,editor : Mile Nagaoka (NMP)

 

友人のピアニスト、野本晴美さんに依頼され制作した映像です。

今となっては数少ない東京時代の友達で、ピアニストとしては知る人ぞ知る存在。

雨の表現などにどうしても120Pを使いたかったので、プラットイーズさんにREDをお借りしました。

撮影場所は神山のお茶工場。

途中のカラフルな部分は、アーティストの古門圭一郎さんに実際にアクションペイントをしてもらい撮影しました。

映像は他に3バージョン程あり、また順時公開していくのでお楽しみに。

 

15 5月 ’14 Client Works

MILE NAGAOKA 2011-2014 from Mile Nagaoka on Vimeo.

 

「俺は「地域」という浮ついた言葉が大嫌いだ」ということに自覚しだしてから、まだそう間が経ってはいない。それは、或種の幻想や逆転したコンプレックスが吐く言葉であり、「地域」というものの実態そのもの、そしてそこに住まう人々は捨象されているからだ。

 

気怠さと旅行気分の陽気なロケで撮られた幾多の映像たち、そこに「人生」と「顔」が写っているか。

手仕事や悲喜こもごもが、写っているか。無論過剰なまでに切実なものを追う先達がいるのも知らんではないが、そういう人にどこかで遭うことは稀である。(あ、一度富士山を臨む早朝の山頂で、山の写真家と出会ったっけ)

 

自分が「産土」という言葉に込めた(いと思った)のは、そういった「地域」や手垢でギトついた「グリーン」等という言葉たちと、その無邪気な吐露者等への明確なアンチテーゼであった。

 

 

(…続きを読む)

21 4月 ’14 Client Works

sa-rah 2014 from Mile Nagaoka on Vimeo.

music by SonobeNobukazu
photograph by Hideaki Hamada
book design&edit&text Kanako Mori
filmed, edited by Mile Nagaoka
clothes design&coordinator:Chiaki Boshi

sa-rah.net

19 4月 ’14 Client Works

イエレポート case09 from Mile Nagaoka on Vimeo.

 

撮影・編修:川口泰吾

ディレクション:長岡参

 

イエレポート case10 from Mile Nagaoka on Vimeo.

 

撮影・編修:川口泰吾

ディレクション:長岡参

 

15 3月 ’14 Client Works

 

31vGiH9LwTL._SL500_AA300_

あらためまして今年もよろしくお願いします、マイルでございます。

編集でバッタバッタ、去年の疲れでボッロボッロな僕ですが、

息抜き的なことも含めて、久々の機材ブログを。

HDDがだいぶ容量がなくなってきたんで、迷いましたがポチっちゃいました。

ラトックシステム RS-EC32-U3R (約8000円)やっすー。

今使っているのが、16TBで5Bayの林檎派で買ったあんまよくないHDDなんですが、

やすさと、バックアップでいいやーということで、色々調べてこれにしました。

mac環境での映像編集って、未だにTundeboltか、USB3.0かって迷いますが、

Thunderbolt先生はまだ高いし、僕みたいなもんには未知数なんで、USBチョイスです。

 

(…続きを読む)

13 1月 ’14 mileblog

 

3年前に撮った神山在住サダ君の映像を最近になってようやく編集したのでアップする。

彼の石と交換で映像を作ることを約束してから早くも三年も経ってしまっていた。

FCPから離れ、Davinci Resolveでのカラコレをなんとなくは理解してきて、ようやくこういった素材を

編集する技術レベルになった感がある。(あ、もちろんうちの編集スペックも含めて)

 

36分もある大作ですが、やはりインタビューというのはこんだけかかるんですなーというのが所感。

まじめに追うと。別にこれは広告でもないし。

 

自分の中では、これでようやく愈々もって「さっちゃん」を編集できるよな

実感が持てたような気がします。

では、とりあえずヤーマンw

 

9 12月 ’13 fragments

 

キャラバンネタ以外に久々の新作紹介です。お仕事も、平行してやっております。。

去年の四国編に引き続き、mt workshopの九州編も制作しました。

鹿児島・しょうぶ学園での撮影では雨と火山灰の環境の中四苦八苦しましたが、

なんとか無理をいってミニライブまでやってもらいました。

 

撮影に行ったのは、鹿児島のみですが、

福岡・宮崎・大分・長崎の映像を写真と携帯動画でクライアントさんが撮影されたものを

構築して編集しました。粗い動画でも、カラコレ等々してみれば、けっこうみれるようになるものだと、

びっくりしましたが、こっちのがかえってテマがかかりまっすでっす。

 

以下、ずらずらっと。

 

(…続きを読む)

6 12月 ’13 Client Works

つ、ついに5d mark3 を手に入れた。

 

世は4K4Kの念仏を唱えども、うちのiMacで編集出来ること、かつ僕のクライアントのニーズを考えると、

4Kカメラはレンタルなりなんなりにすればいい、俺はフルHDで十分ではないか?と思っていた。

もちろんグレーディングの滑らかさやら、60Pやりたいとかあるけど、どちらかというと僕には瑣末な事。

 

神山に引っ越すにあたって、親が結婚資金として用意してくれていた額をmark2+DSLR機材購入に当ててから早4年。これまでどれだけ活躍してくれただろうかと白昼夢に浸りつつ、ついにそのmark2をサブ機へと追いやることになった。(感無量)時代の趨勢からは結構遅いけど、貧乏クリエイターとしてはしょうがないのです。

色々有名な先生方のmark3への評価は芳しくないが、去年の山形ロケでニュージーランドのDPベンと、彼のmark3と僕のmark2でタイムラプスを同時に撮り比べた時のディテール差への衝撃が忘れられないもんで、購入した。「卑怯なり!」と思わず叫ぶほど、違いがある。絵だけでも全然違う。

以下、サンプルをば。(今回は写真のみっす)

 

AJ4A0136

iso100,1/100,f5 Canon TS-E 90 mm + Kenko extension tube

花ね。接写ね・・・俺らしくもないもんを撮ってしまったけど、やっとやっとの憧れのチルトシフトレンズ・デビューです。いいねえ、このボケ。描写力違うわ。第一印象は、なんかシャッター音が違う。ただmark2でズームしてピントするボタンに慣れた者としては、右手で出来なくなっちゃったのがストレスではある。あと、ちょっと重い。家の前の大家さんが植えた花を、窓あけただけで撮影w 色は恥ずかしいからちょっと弄った。ついでにケンコー接写チューブを付けてみたが、いやあ凄いね。

 

(…続きを読む)

15 8月 ’13 mileblog

呼ばれず飛び出ずじゃじゃじゃーん、ということで トルコのedelkrone(エーデルクローン社)のポケット・リグがはるばる到着しました。

どんなものか、まずは、映像を紹介しておきませう。

 

 

(…続きを読む)

26 7月 ’13 mileblog

 

神山の大粟山の上にできた新しい歯科医院の紹介V。

クライアント:誉建設

撮影・編集:長岡参

参考:COCO歯科

 

9 5月 ’13 Client Works

12