Donburi : South Shikoku’s food from Mile Nagaoka on Vimeo.

Client : AMA /Music : “House of Memories” by James Childs from Music bed

ー海の幸三昧編 

撮影内容 

徳島県阿南市:ハモ丼

高知県室戸市:キンメ丼

高知県安芸市:釜あげちりめん丼

 

 

ZEKKEI : South Shikoku’s grand views from Mile Nagaoka on Vimeo.

Client : AMA  / Music : “Crimson Hope” by TOLO from Music bed  / Directed,filmed and edited by Mile Nagaoka

ー絶景編

撮影場所:

【阿南】 蒲生田岬(四国最東端の地) お松大権現(勝負・願い事の神様)津峰神社(「阿波の松島」と呼ばれる橘湾)北の脇海水浴場(2kmに及ぶ遠浅の砂浜)牛岐城跡公園(光のまち阿南)

【室戸】 御厨人洞(弘法大師が「空海」と名乗った場所) 室戸世界ジオパーク(大地誕生の最前線)幕末の志士中岡慎太郎像 室戸スカイライン展望台 イルカとのふれあい 室戸ドルフィンパーク だるま夕日の名所

【安芸】 野良時計(安芸のシンボル)岩崎弥太郎生家(弥太郎が日本列島になぞらえた石)土居廓中(武家屋敷が残る町並み)内原野公園 延寿亭 土佐湾を望む大山岬 だるま夕日の名所

 

***********************************************

全然発表できていないが(クライアントの発表のタイミング的に)

2014年の年の瀬はほんとうに色んな仕事が重なって急がしMAXだった。
年が明けてようやくこれも発表できる。(他にもう一本未公開なのがあある)
写真と違い、映像というのはほんとうに手間がかかる仕事だと重ね重ね思う。

ほんとうは取材日誌みたいなものを書きたいのであるが、
2014も怒涛のように過ぎていって、一々の仕事をイキセキきりながら
なんとか捌いているのが関の山なゆえ、全然書けない。

この仕事も9月に娘が産まれる前後の慌ただしさの中で撮影され、
年末のバタバタの中で編集したので、記憶というものが余りない。
なにげに二年越しの仕事である。

ただただ、ここに出てくるドンブリはめちゃめちゃうまく、
空海の名前が産まれた場所の明暗と、岩崎弥太郎生家の残像、
そしてアシスタントがカメラを壊した光景が脳裏にこびりついている。
こうしてカメラマンは、また次の目的地へと向うのである。

 

 

 

26 1月 ’15 Client Works

piano : Harumi Nomoto / fretless bass :  Ryoji Orihara / drums : Sohnosuke Imaizumi

Action Paint : Keiichiro Furukado / Camera assistant : Taigo Kawaguchi (NMP) / Special Thanks : Plat Ease

Camera & directer,editor : Mile Nagaoka (NMP)

 

友人のピアニスト、野本晴美さんに依頼され制作した映像です。

今となっては数少ない東京時代の友達で、ピアニストとしては知る人ぞ知る存在。

雨の表現などにどうしても120Pを使いたかったので、プラットイーズさんにREDをお借りしました。

撮影場所は神山のお茶工場。

途中のカラフルな部分は、アーティストの古門圭一郎さんに実際にアクションペイントをしてもらい撮影しました。

映像は他に3バージョン程あり、また順時公開していくのでお楽しみに。

 

15 5月 ’14 Client Works

産土 / Ubusuna short trailer
made by Koji Hirose (Professional Trailer Maker)

予告編ロングバージョン: vimeo.com/56502385

 

神山在住の予告編づくりプロフェッショナル、広瀬浩二さんにひょんなことから知り合い、産土の予告編を作って頂きました。僕の映画学校時代の同期から「先輩が神山に引っ越すことになったんでよろしく」との便りがあり、場所を聞いてみたところ徒歩3分くらいの場所にいられることが判明(笑)

 

それで今回の予告編につながりました。

広瀬さんは、『○シャンクの○○』とか『海の上の○アニスト』とか、僕の若かりし頃のウルトラリスペクト作『Pola○』とかの予告を手がけて来たプロ中のプロであります。そんな方が神山にひょっとこられたということがなんたる奇跡。。

タイトルやスクリプト、様々なことを含めて「チーム神山」で製作できたと云える『産土』ですが、

また1人、力強いプロの手をお借り出来ました。

この場を借りてお礼をば。

 

広瀬浩二さん:予告屋

 

 

また映像末にもあるように、自主上映希望者の方を募っておりますのでよろしくです!

 

PS.

広瀬さんの製作してくれたシークエンスを書き出すために久々にFCP7に触りました。

『産土』はFCP7で作っているので、仕方ないんですがずいぶんとプレミアになれちゃったんで隔世の感が。

いずれプレミアで、かつDavinci全面カラコレで、しかも内容もぐっとアップして『産土』ニューカット版を

お届けしたいと(自分の首をガチガチしめるかんじで)思いました。

 

 

 

プラットイーズが神山に作ったサテライトオフィス『えんがわオフィス』の
着工から、完成間近までを追った映像です。

 

MUSIC “YOU DRAW, I SWIM” BY ANTENNASIA

撮影 : 長岡参/ 川口泰吾

編集 : 長岡参

 

16 7月 ’13 Client Works

夏に四国ワークショップ映像を制作した、カモ井加工紙/mtの新ブランド「mt casa」の映像を制作しました。

パリでの展示会向けに、英語版のコンセプト映像、実際のテープの使用方法を紹介したHow to映像を、短・中・長の3タイプづつ制作。

イベント後は国内での展示やショップ等々で使用される予定です。mtのサイトに大きく載せられているのでチェックしてみてください。

 http://www.masking-tape.jp/

 

●コンセプト映像

mt CASA コンセプトムービー from Mile Nagaoka on Vimeo.

●How to 映像

mt CASA ハウ・トゥー from Mile Nagaoka on Vimeo.

 

クレジット:

クライアント:カモ井加工紙株式会社

エージェンシー:セーラー広告株式会社

企画、アートディレクション:ドリームネットワークアクティビティ
制作:長岡活動寫眞 撮影、監督:長岡参 編集:川口泰吾

 

(…続きを読む)

20 2月 ’13 Client Works

この8時間タイムラプス、結構実は大変だったんです。

タイムラプスの天敵と呼ばれる、ローパスのゴミ。掃除してたはずなんですが、しっかり映り込んでしまってました。

まあQuicktimeでmovにしてから、チルトシフトレンズっぽいエフェクトを上にかけようと事前から思っていたので、不幸中の幸い。

 

IMG_4577

 

山形キャラバンで一緒に撮影したDPのベンからは、これを参照したらいいよと進められてたんですが、

magictimelapse.blogspot.jp/2009/08/remove-dust-spots-with-adobe-after.html

僕のAEスキルの至らなさもあるのか、全然駄目でした。

 

で、僕の唯一といってもいい解決策、FCPで4点マスクを切って、少しだけづらす方法を取りました。

が、これでも駄目なので上記の通り、DOFを弄ってチルトシフトレンズ化する方法を選択。

だが、ガーン バンディングが出まくりでした。。下図の左のような状態になってしまう。

いやーなんとかとれんかこれ。。

 

Colour_banding_example01

 

で、探してみたのがこれ。

How to Remove Banding Artifacts in After Effects

greyscalegorilla.com/blog/2009/10/how-to-remove-banding-artifacts-in-after-effects/

このGreyscalegorilla =グレイスケールゴリラさん、無数のエディット系 Video Tipをあげられている知る人ぞ知る存在。

いや、実に分かりやすく方法を理解しました。

Ramp、4-color Gradient、それでも駄目ならGrainで対処しましょうというのが結論でした。

 

Grainもバカも使いよう。いやー勉強になりました。

 

 

 

24 12月 ’12 撮影日誌

Tokushima New Concept house “table” debut!! by Homarenoie. from Mile Nagaoka on Vimeo.

Timelapse & Directed,Edited by Mile Nagaoka.

Client : 誉建設  http://homare-web.com/

【制作ノート】

 

(…続きを読む)

18 12月 ’12 Client Works

rakuon rakujitsu 2010 トレーラー from Mile Nagaoka on Vimeo.

撮影、ディレクション:長岡マイル

編集 : 川口泰吾

 

7 12月 ’12 Client Works

homarenoie / ie repor case 07  / 中庭を中心とした落ち着きのあるイエ。

ホマレノイエのお客様の暮らしを紹介する「イエレポート」。前回の06から映像に切り替り、今回二作目となります。

椅子づくりをされている旦那さんのコダワリが詰まった素敵なお家です。

 

クレジット:

撮影:長岡マイル、川口泰吾

編集:川口泰吾

クライアント:誉建設   homare-web.com

 

6 12月 ’12 Client Works

スクリーンショット 2012-12-20 21.38.06

地方移住大作戦!というブログで僕の「とくしま移住メルマガ」に書いた記事が紹介されました。

引用元の記事の方をせっかくなので、以下貼りつけてみます。

一人の移住者として、或はメディアとして、現在(やや前)の心境を、素直に書いてみました。

 

(…続きを読む)

4 12月 ’12 news

577178_4873427199856_946391037_n

祖谷平家伝説「もうひとつの平家物語」予告編 from Mile Nagaoka on Vimeo.

 

徳島県三好市祖谷は、「日本三大秘境」の一つとされ、あのアレックス・カーが桃源郷としていることでも有名である。

そのすぐ近くの大歩危・小歩危では、柳田国男が著書『妖怪談義』に児泣き爺を収録したこと、水木先生の鬼太郎でメインキャラになったことを発端とする妖怪伝説が数多くあって、それは僕がかつて雑誌Gajaとコラボ企画で作った映像を参照されたしだが、かずら橋を渡った先から広がる祖谷は、平家の落ち武者伝説が語られている場所でもあるのだ。いやあ濃い場所だなあ。

 

ここで参考までに祖谷の平家伝説を以下に抜粋しておく。

 

“徳島県三好市の祖谷には、幼い安徳天皇と平教経(たいらののりつね)(国盛・くにもり)一行がこの地に逃れ
平家再興の望みをつないだという『もうひとつの平家物語』が語り伝えられています。
1184年の壇ノ浦の戦いに敗れ、平氏一門の武将たちは覚悟を決め、海に入水し、
幼い安徳天皇も祖母である二位尼に抱かれて、西の海に身を投げたといいます。
また、祖谷平家伝説の主人公の一人、平教経(以下、平国盛)も源氏の武者二人を道連れに海に沈んだといわれています。
しかし、壇ノ浦で亡くなったといわれる安徳天皇も平国盛も、実は影武者だった・・・。
屋島の戦いで敗れた後、平国盛(教経)の一行は、ひそかに幼い安徳天皇をお守りしながら、
この祖谷の地にやって来ました。そして、山深い祖谷の地で、平氏再興の望みをつないでいたといわれています。”

 

詳しくは映像が載せられている一般社団法人そらの郷のHPを参照されたし。

nishi-awa.jp/heike/html/

 

さてさてそんな今回、JR四国さんからの依頼を受けて、東祖谷歴史民俗資料館の常設展示映像 or ウェブサイトで流す映像とすべく撮影を引き受けた。祖谷の地の伝説を地元の有志・祖谷十八人会を中心とするメンバーが自ら平家の武者を演じ、又平国盛の直系子孫と呼ばれる阿佐家23代御当主、阿佐道彦氏への“奇跡的”インタビュー、平家の赤旗の撮影にも成功した(!)。まずは上に貼付けたトレーラーを見てほしい。本編はまた別でアップします。

 

1 12月 ’12 Client Works

二年前のことなので、ボヤケてはいるが、記憶を辿ると、これは手持ちでの撮影だった。
カメラ小僧のおじさんたちの渦の中で、頑なな三脚禁止令が出ていて、ポジション取りのため
仕方なく中腰の状態で、プルプルしながら何十分も手持ちでの撮影。
上に櫓を立てて堂々とデカい立派な機材で撮影するNHK様に殺意を覚えながらも、
絶対に誰にも負けないと歯を食いしばって撮った懐かしいDSLRやりたてホヤホヤの作品である。

DSLRに適したシャッタースピードが、50と知らず、おそらく100か120ぐらいの高速シャッターで
撮ってしまったが為、やたらに周囲の人々の扇ぐ団扇が早く、動きもチョコマカとしている。
また、録音マイクのスイッチを入れ忘れたため、音が撮れていない。にもかかわらず、音が入っているのは、余りにも環境音が大きかったが為に、OFFの上から収音してしまったもので、ノイズの裏にそれがのっている。
技術的には全然だが、かえって今見ると面白さがある。そんな作品を、阿波踊り初日に公開することにする。

This video is the beginning  of the “fragments”.

 

23 11月 ’12 fragments

12