~島根キャラバン、ショート・ルポ。

Photograph  by John Cho

 

―島根県吉賀町柿木村

ここは何かがおかしい。いや、ネガティブにではなく、いい意味で。

人々の意識レベルが高過ぎるのである。

 

 

 映像を撮るということ。無論、それは予算と時間と体力に左右される。

そうである以上、ドキュメンタリーと言いつつ全貌を記録できる訳ではない。

そして、もう一つ今までモヤモヤしつつ言語化できなかったことがあるのだが、

撮影者は「面白さ」に従属しているということがある。ただ、興味本位と云っていい。

ゆえに、「面白さ」の域内から逃れることがどうしてもできない。それが仕事の中心となる。

別にジレンマというほどのものでもなく、あたりまえのことだが、不可避ではあるということだ。

 

Photgraph by Mile Nagaoka

 

あらゆることに忙殺されていた折しも神無月、なんの因果か神在月と一県だけ呼び名が変わる場所に、赴くことになった我らがキャラバン隊。今回の外国人作家は、マレーシアの映像作家ジョン・チョー。広島で合流し、そのままほとんど対向車も後続車もない中国自動車道を疾走した。

 

Photgraph by Mile Nagaoka

 

 ―島根県吉賀町柿木村

ここは何かがおかしい。いや、ネガティブにではなく、いい意味で。

 

結論から云うと、人々の意識レベルが高過ぎるのである。

「過ぎる」と今書いたが、彼らはそれを「あたりまえのこと」だと言う。

が、それを知りうる限りの“一般レベル”と比肩してみた時、明らかに度が過ぎている。

FB用のルポなので詳細は省くが(詳細はシンポジウム時に配布する資料等々で)、なぜそんなことが可能なのかという「?」を、目をしばつかせて追うキャラバンになった。

 

Photograph  by John Cho

 

元柿木村の役場で働いていた福原圧史さん、63歳。現在は農家をしながら、「NPO法人ゆうきびと」という組織の会長をされている。彼の畑で作業をしている手を止めてもらい話しを伺ったのだが、その風貌からはおよそ行政的佇まいを感じさせない。しかし、ただの農家ではない理知的な瞳がこちらを見つめていた。彼は柿木の大井谷棚田で実験的に行われたトラスト制度/オーナー制度の立ち上げ者として、知る人ぞ知る存在である。

 

彼の口から出て来る言葉は、およそ行政的なこととは無縁であった。いや、立脚点の相違というべきか。その立場にあったものにしか知りえない情報の質と量を土台にはしているはずだが、しかし一人の農家として、一人の村人としての自負を込めた言葉であることを強く感じる。

 

ー「食品」と「食べ物」は違うという。ただ、「食べ物」を作るだけであると。「食べ物」に農薬がいるのか?それを子供たちに食べさせたいだけだ。農薬を使って一番被害にあうのは、農家だ。やめなければいけない一番の理由は、そこにある。頷く。今までのキャラバンを通して、ここまで洞察の元に吐かれた言葉を聞いたことがなかった。できることなら、インタビューのまるまるをノーカットで使いたいと思う。

 

彼の取り組みから30年。今や多くの人にその考え方は共有されている。この地の小学校中学校の給食では、80%以上地元の食材の使用という驚異の数値を誇り、かつ多くが理念ベースのみに堕していそうな食育を、実際に郷土愛に繋げるために子供たちに施しているのだから驚きだ。小学校の給食を取材したが、子供たちは誰一人残さずに完食していた。栄養教諭も平然と話しているが、とてつもないことだと思った。いや、他にもありとあらゆる人が、カフェのオーナーや、地域再生のためにNPOを立ち上げられた自動車業の社長や…ありとあらゆる人が、平然と「あたりまえ」だという。とどのつまりはiターンで農家をしている30代の女性への取材だった。福原さんからの大きな影響を認めつつも、「これから死ぬ人に頼り切っていてもしょうがない」と壮語する。しょうじき、めんくらった。すごいな、と。

 

問題がある、それに悩む。そこまではどこでもしている。が、ここの人々は、その問題を、自力で解決しようとしている。そこに陰険さはない。どこまでも闊達な朗らさがある。美学や流行の追従ではなく、一番必要なことからやる。そのために人生を使う。日本の田舎の未来に、ほとんど始めてといっていいような、明確な「未来」を感じた。

 

(…続きを読む)

aa

誉建設、雑誌『あわわ』掲載用広告デザイン
AD&Design&Copywriting.長岡マイル、版画.長岡ヤスヨ

 

29 10月 ’12 Client Works, デザイン室

ホマレノイエのお客様の暮らしを紹介する「イエレポート」。前回の06から映像に切り替り、今回二作目となります。

インタビューをさせて頂いた旦那さんは、なんと神山出身の方でした!(笑)

 

クレジット:

撮影・編集:長岡マイル

クライアント:誉建設   homare-web.com

 

29 10月 ’12 Client Works

祖谷の『もうひとつの平家物語』撮影風景です。

気がつけば、四国を飛び回ってます

 

247201_298508280261990_689630862_n

祖谷のかずら橋前にて

IMG_1261

かなりの時間がかかる撮影、役者さんはたいへん。

IMG_1280

撮影風景

557189_298508373595314_1767216867_n

阿佐家御当主のインタビュー

482997_298508390261979_1442876137_n

いつもこんな格好で撮ってますw

577178_4873427199856_946391037_n

撮影風景。演出中。

IMG_1231

IMG_1249

今から安徳帝に。

IMG_1021

IMG_0005

平家にまつわる数多くのものが残されている。

IMG_1224

昼食の特大カレー

IMG_1032

撮影後はやっぱりボケマートへ。山口由紀子さんの入れてくれる茶は絶品。

IMG_1035

撮影終了後みなさんと@ボケマート(・・・と思ったらこの写真はロケハン後のでしたw)。

 

 

14 10月 ’12 撮影日誌