kai-jingu_blog

来る8/10(日)に明治神宮、参集殿で拙作の上映+座談会イベントを行います。

「現在(いま)」を知るということ」と題しまして、
震災後、人はどのように生きるべきなのかということを
民俗、そして祈ることという論点から考えていきたいと思っております。

映画『産土ー壞ー』の東京初上映に加え、
素敵なゲストをお呼びいたします。

二年前の最初のシンポジウムでご登壇頂いた、
民俗学者・野本寛一先生と、羽黒山伏・星野文紘さんの
夢の競演を皮切りに、明治神宮から今泉宣子さん、そし私の座談会、
司会は元福島テレビの長久保智子さんにお願いできました。

来場の方には映画のパンフレットを差しあげます。

先着250名様までとさせて頂きますので、
お早めにお申し込みください。

 

日時:平成26年8月10日(日)13:30~17:00(13:00受付開始)
場所:明治神宮 参集殿
定員:300名
参加費:2,500円(税込)※事前予約制
こちらのサイトからお申込みください。(Facebookイベントページに「参加予定」にしていただくだけでは「事前予約」にはなりません。ご注意ください。)
http://ubusuna2014.peatix.com/

 

(…続きを読む)

「脱帽」
2012年の大晦日にしたように、今年も最後の日に合わせて映像を作ることができました。
「続く」という文字で終わった『産土』の続編となる、『産土 ー壊ー』という作品の長尺予告です。
詳細な説明は今は省いておきますが、ややもすると忘れてしまう大事なもののことを、想うきっかけに
なったらよいなと思い、敢えてこの日に見れるよう、ちょっとだけ頑張ってみました。
(それにも増して大変な本編の編集作業が残ってはいるのですが…)
僕自身は編集しながら、不覚にも何度も何度も泣いてしまい、中々捗らなかったです。
12月に山梨県早川町で『産土』の上映を終えた後、
自分の無力さ、非力さについて悔いました。
「なんかの答えがあると思って来たのですが、厳しい現実を再度突きつられた」という
声も頂戴しました。
自分がこの地域のことをとりあげても、なんの解決にもならないではないか。
上映を終わった人々の顔に、なんともいえぬ悲しさのようなものが漂っているな、と。
自分自身は前作、悲観を土台に製作しませんでした。むしろ楽観すらしていたといっていい。
おそらくは東京の空気を引きずる、現実を知らぬ若造と外国人の或種の陽気さがあったかもしれない。
たとえば、久高島の秘祭・イザイホーを「もう終わってしまったこと」と敢えて言い、
きっと復活するだろうということを暗に匂わせたつもりでした(僕はそう感じたのだから)。
が、そこに「希望」を読み取れた方はどれくらいいたでしょうか。
福島を回ってから軽度の鬱のような状態になり、まったく癒えない疲れを引きづって、夕べには室戸の太陽を見れば、
明日には敦賀から日本海を望むような生活をしてみて、どこにも逃げられないような感覚に襲われました。
産業道路や高速道路や、バイパス付近の風景はどこも異様に似すぎていて
いったい自分がどこにいるのか分からなくなってしまい、あるシラケに似た感情が出て来た。
上映会を終えて、再度袋井市でび撮影後、浜松方面に移動しながら、今の今迄撮影してきた地の神の祭のような原始的な信仰がありながら、その当日に、老人を否む中年の夫婦の罵声や、パチンコ屋や、着飾った若者達のデートや、享楽にあけくれる日曜日の浮ついた町並みがどうしても耐えられなくなり、吐き気のようなものが出て来て、どうしようもなく車を停めてじっとしていました。町並みが自分の実家のある、四街道市から千葉市へと至るそれに酷似していたことも、おそらくその吐き気の遠因の一つだったでしょう。
目の前の、防波と燃料という役割と、景観美を誇った松林が、海から人を遮断するコンクリートの堤に代替される。
まるで獣害によって電流のとおる電線に囲まれた「人間居住区」に住む山の生活のように。
江戸の大津波から人を救った命山という小さい岡の話しを聴き、最初の取材時にはつくりかけていた「現代の命山」が
2度目にはほぼ完成されて小高い公園として、非力に、かつもっともらしく眼前にある事を知ったけども、
いずれこの遠州の海岸線のかなりの部分が、防波堤に囲まれ、その土はあの山から切り出すのだ、
そしてそこにニュータウンを建設する話しがもうすでに決まっているのだ…といったような話しを又聴き、
なんのために自分はその山向こうの祭や森を切り取っているのか、まったくもって無力ではないかと…。
しかしそれでも、自分は諦めないつもりであります。そう、おぼろげに呟いてみる。
「放射能を『荒ぶる神』だと私は捉える」と、或る福島の女性から聴きました。
幼稚なポジティブシンキング等ではなく、それはもはや祈りの領域です。
そこに、僕自身は希望を見出すことができました。
自分のやり方は、プラカードを掲げてシュプレヒコールをあげることではなく、
映像をつくることしかできないですが、それでも映像の力を信じれるようにはなった。
11月に嫁の父が他界しました。彼は目が不自由で、視界の8割くらいはほぼ見えていなかった。
しかし前作のDVDを僕が渡すと、なぜか毎日亡くなるまでそれに見入ってくれていたようでした。
作り手としては、前作は多いに不満が残るデキです。時間があれば、全部直してしまいたい。
機材の準備も取材そのものの期間も、全部もう一度時を戻してやり直してしまいたい。
が、それでも何かを感じてくれた人がいる。
8月にカナダで上映会をやった時、次作に繋げてくれと円に換金された募金の
一万3000円を手渡されたました。海外にも、僕らの映像を待ってくれている人がいる。
時間も予算も人手も、多いに限られている作品ですが、それが「潤沢にあれば」という発想を
もう捨てようと思います。予算や時間の多寡にかかわらず、これは2013年の僕とその仲間達が、
精一杯やった結果なんですから。僕には視聴率も編成もスポンサーのご意見もないのだから、
自分自身の拙さも含めて、それが「現在」なのだと、腹を括って、笑いたい。
自分に出来ることは、大事だと思う場所に勝手に赴き、帽子を取って「はじめまして」と言い、
「撮らしてくれませんか」と問い、それを映像に納め、世に問いかけること、それだけです。
一つ何かを撮ったことで、また何かを撮らなくてはならなくなる。
撮り残し、撮りこぼし、撮り忘れ、撮りそびれます。それも含めて、自分自身です。
しかし僕には、日本のあちこちに、親のように、祖父や祖母のように、思えるような
人生の師が、たくさんできました。それが財産です。
心配してくれたり、叱ってくれたり、古いものを教えてくれる人々が…。
諦めるということではなく、教えて下さいという気持ちで、僕は帽子をとって
その人たちの想いを傾聴してきた。(無論受け入れられない事もあるが…笑)
ともかく、これはそういう記録です。
そして又これは、予告編にもあるように、神山という小さな町で生じた「縁」で集った仲間が、
「小さな勇気」をだして製作したことを特筆すべき映画です。ほとんど、映画作りの専門家はおりません。
しかし、ここまでには形にする事ができました。
できればこれをご覧になられた奇特な方々にも、ぼくらの仲間になって貰いたい。
まだつくらなくてはならないものが、いくらでもあるのですから。そう願っています。
あと何年続けられるかわかりませんが、
精一杯続けていく覚悟だけは強め乍らの大晦日の晩。
今年もみなさま、たいへんお世話になりました。
(できれば下部のHDボタンをONにし、全画面でご覧下さい)
長岡 参(喪中により、新年のご挨拶と換えさせて頂きます)

産土 / Ubusuna short trailer
made by Koji Hirose (Professional Trailer Maker)

予告編ロングバージョン: vimeo.com/56502385

 

神山在住の予告編づくりプロフェッショナル、広瀬浩二さんにひょんなことから知り合い、産土の予告編を作って頂きました。僕の映画学校時代の同期から「先輩が神山に引っ越すことになったんでよろしく」との便りがあり、場所を聞いてみたところ徒歩3分くらいの場所にいられることが判明(笑)

 

それで今回の予告編につながりました。

広瀬さんは、『○シャンクの○○』とか『海の上の○アニスト』とか、僕の若かりし頃のウルトラリスペクト作『Pola○』とかの予告を手がけて来たプロ中のプロであります。そんな方が神山にひょっとこられたということがなんたる奇跡。。

タイトルやスクリプト、様々なことを含めて「チーム神山」で製作できたと云える『産土』ですが、

また1人、力強いプロの手をお借り出来ました。

この場を借りてお礼をば。

 

広瀬浩二さん:予告屋

 

 

また映像末にもあるように、自主上映希望者の方を募っておりますのでよろしくです!

 

PS.

広瀬さんの製作してくれたシークエンスを書き出すために久々にFCP7に触りました。

『産土』はFCP7で作っているので、仕方ないんですがずいぶんとプレミアになれちゃったんで隔世の感が。

いずれプレミアで、かつDavinci全面カラコレで、しかも内容もぐっとアップして『産土』ニューカット版を

お届けしたいと(自分の首をガチガチしめるかんじで)思いました。

 

 

 

UKETAMAU from Ben Ruffell on Vimeo.

 

去年の森キャラバン=『産土』の中で生まれたスピンオフ短編、UKETAMAUです。

僕は共同監督としてクレジットされています。

 

 

AJ4A0473

凡百の無駄な言葉で隙間を埋めようとするよりも、

ひとつの力強い具体が、そこにあれば良い。

 

AJ4A0408

時を遡らせて、福島キャラバンの様子を紹介する。

撮影日は、9月18日。神山から松茂まで車で行き、そこからバスで神戸空港。

スカイマークで羽田まで行き、荷物がかさむためリムジンバスで東京駅迄。

今度は新幹線で那須塩原まで向かい、そこからやけにデカい予定外のレンタカーを借りて

深夜にほど近く、民宿「駒口」に到着した。

 

この写真に写っているのは、曲げわっぱを作る職人、星寛さん(85)。

この地方で「ネズコ」と呼ばれる黒檜で、水桶や弁当箱などの曲げものを作る。

野本寛一先生の著作で紹介されているのを見てから、どうしても尋ねてみたかった。

奇遇にも星さんは駒口の一家の親戚であるいう。

 

AJ4A0488

星さんの作った曲げわっぱ。1人でたんたんと、作り続けている。

古いものにこだわるのではなく、「あたらしいものをとりいれないとなんねえ」と

何度も繰り返されていたのが印象的だった。

AJ4A0443

取材目的であったカロウトという箱を見せてもらえた。

これは嫁入りの時に、嫁入り道具して持って来た物で、着物等々の私物を入れて一生使い、

死後、棺桶にもなるというものである。が、土葬の習慣が終わってからは、こうして

物置にしまわれていることが多いという。

 

AJ4A4020

加藤さんに見せてもらった鹿放ヶ丘の古い地図。

ここは開拓前、陸軍の演習場跡地で、多くの開拓者がその弾をひろって臨時現金収入にしていた。

ちなみに僕が子供の頃も、小さい弾をいくつも拾って遊んだ記憶がある。

 

AJ4A3074

近くの若月さんの牛小屋。

四街道で育てられた牛が、徳島に買われ、乳牛になるまで育てられたと聴いた事がある。

まさに、「牛の子の旅」である。

 

AJ4A3009

いつも歩いていた小道。

AJ4A3090

この原っぱが、いつまでこの光景であるだろうか。

 

IMG_0579

キャラバン隊が赴いた時、鹿放ヶ丘の慰霊祭が行われていた。

この中央のドームに、名も知れぬ人々が「土」に還って眠っている。

 

AJ4A2991

こんな偶然があるものだろうか。

開拓者の1人、峯野芳夫さん。

なんと、神山鬼籠野の出身だという。

15の時に、万歳三唱で送られて、みなと同じく訓練のため茨城の内原に行き、

その後鹿放ヶ丘に根付いた。

 

DSC_2056

自分の歴史を辿ることは、父母とその先の来歴を辿ることだ。

 

 

AJ4A4030

福島から少年義勇兵として出兵し、開拓団として鹿放ヶ丘に根付いた加藤昌司さん。

僕も子供の頃から知っているが、ちゃんと話しを聴いたのは初めてだった。

「福島に残っていたら銀シャリいっぱい食えた」というが、

苦惨の連続であった開拓をどうして続けて来れたのか、自分でも分からないという。

10年以上前に他界した僕の祖父が、彼ら開拓の人々の教官の1人であり、

祖父の話しを色々と聴いて、妙な気持ちがした。

 

鹿放ヶ丘

僕のふるさとである、千葉県四街道市鹿放ヶ丘をキャラバンで巡った。

ここは森も山もない、場所である。

 

 

「日本に歸(かえ)る」

このキャラバンの内容を、一言で表すならばそうなるのかもしれません。
実際に正月で里帰りされた方も多いでしょうし、そうでない方も多いでしょう。
ですが、その「故郷」の近辺に、都市伝説や噂や「・・・らしい」とか、言われているような場所がないでしょうか。

日本という国は、ほんとうに多様な国であると、このキャラバンを通して感じました。飛行機に乗ってしまえば、ただの点景か雲の下としてしか認めない、三・四時間程度で北から南まで行き来できてしまうような小さい国ですが、その点景に赴き、参詣してみると、想像を絶するくらいの深みと、違いと、類似性があります。

それは、「ちょっとだけ奥」だったり、「このトンネルを抜けた先」だったり、
「あそこの山の中」だったり、「遠くに見える島」だったりするはずです。
行こうという意思を持てば、そんなに難しくはないところです。

そういう「僻地」や、「秘境」もたしかに僕たちの国であり、連続した道の先にあります。そこに知らなかった方言があり、もの凄い祭や面白い形のお面や装束があり、踊りがある。鹿やタヌキやイノシシや熊を狩り、様々な山菜や自然の恵みを頂く文化がある。それらが、本来僕たちの文化的拠り所とするべき「日本」だったのではないかと思います。

その土地ゝゝが苦しんでいます。ご承知のように高齢化、過疎化、そして獣害です。
又、山に住む人々にとっては、この30年たらずの「森の放擲」によって起こる、
生命の危険につながるような様々な災害が起こりつづけててもいます。
それは、僕らにとって無関係ではないのです。それは「ちょっとだけ向こう」で起きているのです。

「過疎」あるいは「限界集落」と表記すると、そこに塗炭の苦しみや、孤絶された悲壮感のような印象を抱きますが、実際に「ちょっと先」へ踏み入れてみると、そこには楽しみや笑いやありえないほどの思いやりや暖かみがありました。しかし、その人たちの闊達さの裏にひそんでいる孤独は、とても深いとも感じもしました。

今回五人の海外(フランス、イギリス、ニュージーランド、マレーシア、シンガポール)の個性あふれる優れた作家たちと、北は山形から南は沖縄まで旅をしてきて、
僕はそういう「日本」が、本当にかけがえのない、貴重な、守るべき、受け伝えるべき、愛おしむべき存在であると強く思うのです。

企画を作っている段階で、「結び目」という言葉が浮かびました。
自然と人、森と人、神と人・・・或は都会と田舎。そのような結び目を形作るための、様々な「糸」を拾い集め、探し求めてきたように思うのです。けっして完全ではありませんし、網羅もしきれていません。ですが、これは僕なりには、精一杯飛び回った記録なのです。どうなるかどうかは分かりませんが、できれば、今後も続けていきたいと思っています。

そんな映像のサワリを、ちょっとだけ見ていただきたいのです。

7つの地域を繋げた本編は、2月10日奇しくも旧正月の日に、神山の改善センターで上映します。お時間がある方は、ぜひ入らして頂ければと思います。

その後5つの別個のドキュメンタリー作品となることを目指して編集していくことになります。

 

12